フリーエンジニアの強い味方!エージェントを使って仕事探し!中にはダメなエージェントもいるので注意しよう

フリーエンジニア生活百科

自由気ままなフリーエンジニア、こんな暮らしを送っています!

フリーエンジニアの仕事獲得方法

サラリーマンからフリーエンジニアへ転身しようとするときに、ほとんどの人が不安に思うことは、「仕事がとれなかったらどうしよう」ということじゃないでしょうか。仕事がとれない=収入が入らないのだから、当然不安ですよね。ちなみにその不安は、フリーエンジニアになった後もつきまといます。ただ、今は人脈が少ないままフリーランスになっても、そこそこのスキルを持つエンジニアなら、仕事を探すのはそう難しくない便利な世の中になっています。

企業の考え方の変化と、エージェントという存在

フリーエンジニアを探している開発系企業が増えています。企業としては、案件ごとに必要となるスキルを持つ人材をすべて社員として抱えるとなるとその人件費は相当な負担になります。人的リソースを社員としてそろえた場合、全リソースを常にフル稼働させられれば良いかもしれませんが、なかなかそうはいきません。案件がない時期は遊ばせておくことになります。あえて雇用責任を抱えてそんな非効率なことをするよりも、案件に合わせて必要な期間、必要な人材を集められれば、それに越したことはありません。必要な期間、必要なスキルを持って、案件をこなしてくれる人材、それがフリーエンジニアです。しかし、企業が自力でどこに誰がいるともわからないフリーエンジニアを探そうとすると、至難の業です。そこにマッチングビジネスが存在します。フリーエンジニアを探す企業と、仕事を探しているわりに営業が苦手なフリーエンジニア、双方から希望を聞いてマッチングさせるというビジネスを展開する仲介業者が、エンジニア専門のエージェントです。
フリーエンジニアになって仕事をとりたいなら、エージェントを利用すれば、何らかの仕事にありつけるはずです。

エージェントを利用するメリット

エージェントを利用すれば、慣れない営業に神経をすりへらすことなく、仕事を獲得できます。エージェントにもよりますが、それなりの規模で展開しているまともなエージェントは、案件の規模も数も豊富です。個人で営業しても、まず獲得できないような高額案件や大規模案件もあれば、期間の短い軽めの案件もあります。目指す方向性に合わせた実績づくりにも有効です。歩き回らずに好きな仕事を選べるのは、エージェントを活用する最大のメリットです。
エージェントごとにサービス内容は違いますが、税務相談に乗ってくれたりスキルアップアドバイスなどのサポートをしてくれるなど、マッチング以外のサービスも充実しているエージェントもいくつかあります。フリーエンジニアになってすぐの頃は、事務処理を含めて色々と戸惑うことがあります。信頼できるエージェントを見つけて、味方につけておくと、いろいろな意味で心強いと思います。

たちの悪いエージェントに騙されるな

これは絶対に気をつけたいことですが、中にはフリーエンジニアをカモにするような、たちの悪いエージェントもあります。企業とフリーエンジニアの間に入る業者が1社とは限らず、何社も間に入っている場合があり、そうなると無駄に手数料をぼったくられます。仲介手数料もエージェントによって違うので、何社か気になるところをピックアップしたら直接話を聞きに行ってみるといいですよ。本当にたちの悪いエージェントになると、働かせるだけ働かせて報酬を振り込まないという詐欺業者もいるようです。ネットで口コミを見たり、エンジニア仲間と情報交換をしたりしながら、リスクを回避しましょう。

おすすめ記事一覧